王道

鳳凰

軽井沢の太平洋クラブに滞在している際に珍しいつがいのキジに出逢った。 僕はこの出会いを瑞兆だと思っている。 世を天下泰平に導く指導者、つまり帝があらわれたとき 東洋では鳳凰が訪れると伝説がある。 鳳は雄をあらわし凰は雌をあわらす。 つまり鳳凰とは名のとおり太極にある。鳳凰は雌雄に化身して世にあらわれる。 話は変わるが拠点をかえるために新居を手配している すこしでも世の中の流れを知るために国際都市に […]

大いなる病

大いなる病 伝説的な人物、もしくはその器である人物は人の気配に敏感に反応する。 我々、日本人が当たり前のように知っているこの気配というのはつまり生命の残り香である。 詳しいことは講義にて説明する。 そしてこの気配に敏感であるが故に彼等は人とは異なる悩みを抱くこととなる 人と関わらなければならないのに人と関わると命を、魂を削ることになりなねない。 僕はこれを大いなる病とよび、日々を研究に費やしている […]

We’re public servants

NO IMAGE

僕達は公僕だ一般的に想像される公ではないそれよりも更に大きな公に仕える。 個は大いなる流れのうちの一つの石、駒にすぎない。 只一つの必要な局面のためだけに存在する。 文字通りの公僕だ。 このことを理解しなければ今後の世界では存在してはいけない。 個を極めんとする者達は遅かれ早かれ、自分という個の存在は世界から微塵も必要とされていないことを自覚する。 僕達は個を超え我忘し自らの存在の意義、使命を自覚 […]

王道に至る道とは使命以外。その他すべての道を捨て去ることだ。 The way to the royal road is other than the mission. It’s about abandoning all other paths. μάτι της Πρόνοιας