宿命

特級才能

特級才能 この世界、才能とは多種多様とある。すべての才能は素晴らしく平等な価値をもつなどといまさらな綺麗事は言わない。 才能には序列がある。 特級才能を知っているか? 【空間に宿るものを見聞きする才能】を挙げよう。 超越した人物は驚くべきことにその空間に一つ足を踏み入れただけで いままでに居た人物、起こった出来事、いまそこにいる人物 そしてこれから起こることが瞬く間にわかる。知っている。 空間には […]

人の世には知っていい領域と知ってはならない領域がある。 知ってはならない情報を脳シナプスに巡らせてしまった場合その人間はもう元の世界に戻ることはできなくなる。 脳組織自体が最早、異質であり存在の情報単位自体も衆生のそれとは異なる 人は自分がどういった人間なのか存在なのか、理解しない。 思わぬ使命を与えられていたり想像を越えた運命の糸に組み込まれていたりする いま様々な土地によばれているきっとそれは […]

We’re public servants

NO IMAGE

僕達は公僕だ一般的に想像される公ではないそれよりも更に大きな公に仕える。 個は大いなる流れのうちの一つの石、駒にすぎない。 只一つの必要な局面のためだけに存在する。 文字通りの公僕だ。 このことを理解しなければ今後の世界では存在してはいけない。 個を極めんとする者達は遅かれ早かれ、自分という個の存在は世界から微塵も必要とされていないことを自覚する。 僕達は個を超え我忘し自らの存在の意義、使命を自覚 […]

王道に至る道とは使命以外。その他すべての道を捨て去ることだ。 The way to the royal road is other than the mission. It’s about abandoning all other paths. μάτι της Πρόνοιας

Karma

親愛なる友人へ捧ぐ 公人への第一試練として他人の業を背負うというものがある。 業とは、その者の行動が引き寄せる運命であり他人の業を背負うとは、【本来はその当人共が負わなければならない因果を代わりに英雄的人物が果たすこと】と他ならない。 そして他人の業を背負うこととは公人の基礎的な功徳であるが しかし世の中には背負うべきものとそうではないものがある。 して、他者の業を背負ったときにそれが果たすに値す […]

偉大なる魂

Our existence is an ark carrying a great soul. 親愛なる友人に捧ぐ 僕たちの存在は偉大なる魂を運ぶ方舟である。 偉大なる魂は歴史を通じて伝説的な人物を渡り歩き偉大なる土地に宿ることでまた次世代の相応しい人物を待つ。 偉大なる魂は偉大なる人物に宿る。その力の雄大さに応じて求められる器の純度も大きくなっていく。 偉大なる魂をその身に宿すには自覚と覚悟と代償 […]