We’re public servants

NO IMAGE

僕達は公僕だ
一般的に想像される公ではない
それよりも
更に大きな公に仕える。

個は大いなる流れのうちの一つの石、駒にすぎない。

只一つの必要な局面のためだけに存在する。

文字通りの公僕だ。

このことを理解しなければ今後の世界では存在してはいけない。

個を極めんとする者達は
遅かれ早かれ、自分という個の存在は世界から微塵も必要とされていないことを自覚する。

僕達は個を超え我忘し自らの存在の意義、使命を自覚せねばなりません。

無我夢中であれ。

We’re public servants.
It’s not the public as commonly imagined.
More than that. Serve an even greater public.
Each one is just a stone, a piece in the great stream.
It exists only for one necessary aspect.
A literal public servant.
If we don’t understand this, we should not exist in the future world.
Those who want to be the best of the individual Sooner or later, you will realize that your individual existence is not needed in the world at all.
We must be aware of the meaning of our existence and our mission, transcending the individual and forgetting ourselves.
Be selfless.

μάτι της Πρόνοιας

  • 前の記事

    2020.04.25

  • 次の記事

    2020.06.02