備忘録

2/19ページ

運命の逆転

運命の逆転(転落)に合う人物は相場が決まっている。 「まさか、自分が、失敗するハズがない」 そう思う人間だ。 彼の歯車は、もうすでに不協和音を奏でている。

THE BLACK SWAN

七面鳥は毎日、エサをもらっている。 エサをもらうたび七面鳥は人類の中でも親切な人たちがエサをくれるのだ! それが一般的に成り立つ日々を法則なのだと信じ込んでいく。 すると感謝祭の前の水曜日の午後 「思いもしなかったこと」 が七面鳥に降りかかる。 七面鳥の信念はかんたんに覆されたであろう。 【THE BLACK SWAN】

望むからこそ

今の我々は いままでの我々がそう望んだから こうなったのである。 未来は自らが望んだものを創り上げる 当人が望んだことなのだから 他者がそれを変えることはできない。 変えることができるのは 当人だけである。

一節

この世を美しくしなければならない。 神が人へと転生することなどありえるのだろうか。 美しき着物をきた貴女は神の姿である。 烏と大神は良き友人であった。 生まれる前は、 もっと美しい世界に生きていた。 世を変えるために自ら望んで 人の生を歩んだ。

1 2 19