運命と縁

鳳鳴朝陽

親愛なる友人

おかげさまです。

鵲端

縁と運命とは本当に不思議なものであると最近、つくづく感じる。

この道を歩むこととなったのも

偶然とするには説明のつかない事が起こりすぎたことが

発端にある。

糸は辿ってみなければ何処と繋がり交じりあっておるか分かりません。

それは、脳で考えてみても理解が及ばぬことです。

実際に手を延ばし、糸を手繰り寄せなければ

運命とは知ることができない。

導かれているのだと思います

それこそ説明のつかない御縁や出来事が多く起こり

もはや、自分自身でも想像のつかないことにあります。

元々、理解しようとすることの方が間違っているのやもしれませんね。

なぜ私にこの役目と役割が与えられたのかはわかりませんが

いただいた尊い使命は果たさねばなりません。

命の無駄遣いだけは決して致しません。

親愛なる友人

いつもありがとうございます。

益々の幸運と繁栄を御祈りしております。

彌榮