運命の逆転

運命の逆転(転落)に合う人物は相場が決まっている。

「まさか、自分が、失敗するハズがない」

そう思う人間だ。

彼の歯車は、もうすでに不協和音を奏でている。